AndroidWearで心拍数をリアルタイムに取得する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AndroidWearの心拍センサを使って、心拍数をリアルタイムに表示するアプリを作ります。

鼓動のドクドクも表現してみます。

はじめに

AndroidWearで心拍数を取得して表示するサンプルアプリを作っていきます.

検証した実機は
Moto360 1st Gen(Wear1.0)
HUAWEI WATCH(Wear2.0)
の二つです.

手順

1.センサーマネージャの取得

2.イベントリスナーの登録

3.心拍数の取得

4.心拍数を表示

という流れになります.

1.センサーマネージャの取得

2.SensorEventListenerインタフェースの実装

onSensorChanged

心拍センサの値に変化があると、ここの部分が実行されます。

心拍数を表示する処理を記述します。

onAccuracyChanged

センサの精度に変更があったときに実行されます。

3.心拍数の取得

心拍数はevent.values[0];に格納されます。

4.心拍数を表示

心拍数は一分間の鼓動の回数です。

鼓動の間隔を求め、用意したハートの画像の大きさを変えることで心臓のドクドクする鼓動を表現します。

上のハートの画像をheart.pngとしてres/drawable内に保存します。

最後にソースコード

MainActivity.java

main_activity.xml

APKはここからダウンロードできます。

参考

Handlerを使ったカウントアップタイマー(ストップウォッチ)|初心者の初心者のためのAndroidアプリ開発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*